・さて、西武の秋山選手が
レッズ(ナ・リーグ中地区)に決まりましたね

(レッズに日本人が行くのは初)

(レッズは今年、借金12
同地区はカブス、カージナルスなど)


カブスかレッズって言われてたけど
カブスは人気球団でプレッシャーも大きい
中規模球団のレッズのほうが外野の重圧が少なくプレーできるのではないでしょうか


・レッズは2010〜2013までの間で
3度プレーオフ(ワイルドカード含む)に進出

(2010にメジャーを代表する四球王・ボットがブレイクしMVP獲得)


ところがこれが長く続かず
2014年からは下降線に入り、再建モードに突入
ズルズルとそのまま
現在に至っているという感じなんですね


・低迷の原因は複数あるのですが…
当時若手だった投手・ベイリーと長期契約結んで
それが失敗したりとか、


大きな見返りが望めたチャップマン放出の際に
チャップマンが事件を起こして価値が低落

その価値が下がってるタイミングで
焦ってヤンキースに安い対価で放出してしまったりだとか


(ヤンキースは上位プロスペクト一切出さずにチャップマン獲得
そして夏のトレードでカブスに高く売った)


様々な失敗が積み重なった結果
なかなか上に行けない状況になってしまった


・データで見ると
投手はグレイ(ヤンキースからトレード獲得)、カスティーヨがfwar4以上を記録し
昨夏移籍以降はパッとしなかったが
2018はエース級数字を残したバウアーの契約も残っている


野手はfwarが2.0(メジャー平均レベル)を超えているのは三塁のスアレスのみですが、
内野兼外野のセンゼル(16全米ドラフト2位)、外野のアキーノなど
上積みが期待できる若手も出て来てる

(長年貢献してきた
ボットが衰えてきてるのは残念ですが…)


先発投手は期待できるので
野手の貢献度が上がれば
5割を超えてプレーオフ争いできるかもしれない


3年契約ということは
トレードチップにするには重いし

(低迷してるチームは活躍したら
トレードの弾にするのを目的とした獲得をよくやる)

浮上するための戦力として
見込まれての契約だと思われます


・個人的には青木選手のような感じで
渋く活躍するのでは、と想像してます


センター可能ということは両翼もいけると思うので(多分)
仮にそうだとするとメジャー30球団全体で90個ポジションがあるってことですからね
急速に衰えるとかなければ生き残りやすいのでは、と思うし


何よりも日本人がついにレッズでプレーするとこを
早く見たいですね〜!


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中
出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)