カテゴリ: 2021ドラフト候補

・今日はセンバツに出場する1年秋から早くも強豪で
チーム1の打率を記録(練習試合含む)していた2人の選手について書きたいと思います


(動画でも触れましたが
その補足的な内容ですね)



・花咲徳栄の浜岡内野手は1年秋からスタメン獲得し
460.台の高打率をマークした左打ち内野手


(174cm 72kg 右投左打
守備位置は昨秋は3塁だったが、今春は遊撃に転向との報道)


花咲徳栄は今年のチームも強打のチームなのですが

(チーム打率は公式戦、練習試合含めた全試合共に.380台)


その中で下級生でいきなりトップの打率を残すというのは相当なもんだと
思われるわけですね


(昨秋は本塁打も4本記録)

(中学時は兵庫の強豪・神戸須磨クラブで主力として活躍
2018ジャイアンツカップでは選手宣誓も務めている)


守備も遊撃にコンバートされるということで
花咲徳栄といえば好内野手を輩出することが多いチームでもありますし
その流れに乗りそうなスタートを切っている選手です



・国士舘の清水外野手は昨秋、3番センターに座り都大会優勝に貢献した右打ち外野手


(174cm 75kg 右投右打
出身は鹿児島・桜島ボーイズ)


こちらも秋の東京2連覇のチームの中で一番高い
公式戦.450台、練習試合含めると.470台という高打率をマークしています


(本塁打は全試合で3本。盗塁は少ない)

(夏もセンバツ帰りのチームで
1年でベンチ入りしていた)


国士舘で4割以上(練習試合含め全試合で)を記録しているのは他に
1年時から活躍の主砲・黒澤一塁手のみ
その黒澤選手も.420台なので
かなり抜けてる数字です


守備位置もセンター、右打ちということで
今後、既に発揮している巧打力に加え長打力がアップしてくると
ドラフト候補的になり得る選手なのではないかと思います(気が早いですが)



・打率や本塁打は環境や相手により上下するので
個人的に記録を見るときはチーム内で
どれだけ抜けてるかに注視してるのですが、


(4割打ってても周りが4割打者だらけだと
それは打高環境なんじゃないのかって話ですね)


1つ上の好打者を上回ってる数字を残してるから
期待も高まるというもんですな
新2年だから先は長い。これからが楽しみな選手です‼︎


※はまおか・りく
兵庫・加古川中部中学校(ヤングリーグ・神戸須磨クラブ)〜花咲徳栄高校

※しみず・むさし
鹿児島・日置市立土橋中学校(桜島ボーイズ)〜国士舘高校


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中。
出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)

・1年秋にデータ上
早くも良い数値を記録しているのが
智弁和歌山の新2年生右腕・中西投手です

(身長180cm  体重89kg 
MAX143キロ…センバツ雑誌の選手名鑑より)


・昨年秋は練習試合含め52イニングを投げて61奪三振をマーク

四死球は19個で3回に1個よりやや多いですが 
K/BBだと3を超えている


毎年センバツ特集の雑誌見てるとわかるんですが
1年秋から好内容をマークできる投手ってそんなにいないんですよね


球は速くてもまだ奪三振率は低かったり
四死球が多かったり…というのが普通なので
早くもK/BBが良好というのは
相当有望であることが言えるわけです


(1年秋からK/BBが良好だった、で思い浮かぶのは
盛岡大付・松本投手…現ソフトバンクや
昨年の星稜・奥川投手など。
共に1位でプロ入りしました)


・シニア時から有名投手で名が売れてて
昨夏甲子園でも1年でベンチ入りしていました(登板はなし)


(シニア時は3年時、関西大会春夏連続で優勝
18夏のシニア全国大会では初戦で
清宮福太郎選手…現早実がいた調布シニアと対戦している)


智弁和歌山は1つ上にドラフト候補・小林投手と
昨夏甲子園で先発好投した左腕・矢田投手がいるので出番があるかわかりませんが
今回こそ見たい‼︎


※なかにし・まさき
奈良県橿原市出身
光陽中学校(橿原磯城シニア)ー智弁和歌山高校


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中。出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)

IMG_1717
画像…昨年秋神宮大会のときの球場外


・センバツ特集の高校野球雑誌が出ましてね
各選手のデータを見ていたのですが、


驚かされたのが
健大高崎の新2年生、小澤二塁手の
残している数字ですね

(右投げ左打ち 身長172cm 体重75kg
秋は3番打ってた)


・練習試合含めた全60試合で
本塁打12本をマーク
(公式戦は2本塁打)


毎年センバツ前の高校野球雑誌見てたらわかるんですが
そもそも本塁打2桁打ってる選手ってそんなにいないし


(今年は結構多いほうだけどそれでも10人いない。年によっては0人のときもあった)


なおかつ新2年で二桁本塁打を記録ってのは
なかなかいないもんなんですよね


・昨秋、関東1回戦の常総学院戦で2ー4で負けてる9回表
起死回生の同点2ランを打ったのが小澤選手でした

(そこから勢いに乗って優勝)


1年(当時)でこれは有望やな…と思ったのですが
これほど長打力がある選手だとは思ってなかった


(大型選手ではないしポジションも二塁、左打ちで
見た感じはアベレージ型ぽいので)


・データを見るとパッと見ではわからないこういう発見があるから面白いんですよね
新2年生、今回のセンバツだけでなく
今後が楽しみな内野手です‼︎


※おざわ・しゅうへい

神奈川・横浜市立岡村中学校(横浜南ボーイズ)ー健大高崎高校

(小学生時、横浜DeNAジュニアチーム選出

※その時の記事
ベイジュニア選出 山手メイツの小澤さん


高校では1年夏にメンバー入りし
夏初戦で6番サードでスタメン出場
(高崎商大付に敗退)


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中
出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)


IMG_1182
19秋・関東大会時の画像(高崎城南球場の外)


・昨年の秋、多くの選手を見ましたが
1年生で強いインパクトを受けたのが
東海大相模のショート・大塚選手でした


(見た試合では8番、右投げ左打ち
相模打線では唯一の1年生スタメン
春から新2年)


・ボーイズ時代からの有名選手であり
夏も予選ではベンチ入りして出場もしていたので(甲子園ではメンバー外)


試合前のノックから注目してたのですが、とにかく
捕ってから投げるまでが速かったんですわ


良い内野手は捕球から送球が速い…
それは常識ではあるんですが
その中でもなかなか見れない速さというかですね


イメージ的には、昔の阪神や中日で活躍した久慈選手(現在阪神コーチ)みたいな感じというか
そういう印象を受けましたね
(例が古いですが…)


・小山ボーイズ中学2年時
(2017ジャイアンツ杯準優勝)は下級生ながら
中山捕手(常総学院)仲三河投手(現大阪桐蔭で外野手)などを擁する強力チームで
2番スタメンで出場していましてね 


中学の時既に2年で主力で出ていた…で
思い出すのは
高橋周平選手(湘南クラブ、現中日)や
吉田凌投手(兵庫北播シニア、現オリックス)

全国大会に下級生でスタメンで出ていて
大物と評され高校に進み
後にプロ入りしたわけですが、


中学の1学年ってデカいですからね
しかも地域の有力選手が集まるチームで
下級生からスタメン張ってるのは
抜けてる選手の可能性が高いということだということで
大塚選手もどこに進むか気になってたんですよね


おそらく今後注目度が増してくる内野手。
センバツでの攻守に注目です‼︎


※おおつか・るあん 
身長172cm 体重65kg(高1時)

栃木市立南小学校(スワローズjr選出)〜栃木南中学校(小山ボーイズ)〜東海大相模高校


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中
出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)


IMG_1186
画像…群馬・高崎城南球場の外


・19秋の高校野球・関東大会で実現したビッグカードである
東海大相模ー習志野戦


群馬まで遠征して見に行ったんですが、
この大一番でロングリリーフして
7回を自責2に抑えたのが金城投手でした


(習志野は1〜6番まで夏・甲子園スタメンだった選手が残って並んでいた)


・134〜139の直球をコンスタントに投げ
変化球でもカウントを稼げて
制球にも破綻のない、
投球センスを感じる投球


そして、無死満塁のピンチで登板して
落ち着いて投げられる、

(下手したらビッグイニングだった)

とにかく1年秋でありながら
完成度の高い投手、という印象


身長170cmと大型ではないのですが
数字以上に大きく見えたというか、


東海大相模は夏の甲子園で先発した石田投手など
1年に中学で名の売れた投手が何人も入って来てるんですが、
その中で早くから重要なとこを任されるのも納得でしたね


・兄は東海大相模3年レギュラー(夏甲子園出場)、父は元横浜ベイ・巨人の金城選手なわけなんですが


父の金城選手は近大付〜社会人・住友金属までは投手として活躍していた

(センスを買われてプロで本格的に野手になるという珍しい経歴)


その好投手であった部分を受け継いでいる、のかもしれません


来年(2020)のセンバツでキーマンになる、
そして向こう1年半の成長が注目の投手です‼︎


(きんじょう・りゅうき)

・横浜・荏田南中学(横浜緑ボーイズ)〜
2019東海大相模

・身長170cm 体重75kg(※高校1年秋時点)
右投げ左打ち

・高校1年秋、県大会決勝(桐光学園戦)や
関東大会準々決勝(習志野戦)
ロングリリーフで好投し勝利に貢献


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中
出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)

↑このページのトップヘ