カテゴリ: 大学野球

IMG_9888
画像…昨年の準々決勝観戦時


・8月に予定されていた
全日本大学野球選手権の中止が決定しました



ドラフトファンにとっては毎年
甲子園と同じくらい大注目してる一大イベントなので
極めて残念です



・大学の場合、7月は試験があるので
その時期には公式戦を組むことができず
それまでに代表を決めないといけないわけですが、


準備期間の問題&
そもそもいつ部活を再開できるのかが
不透明な状況でははっきりした予定も立てられないし


(緊急事態宣言の解除も
都市部ではもう少し先になりそうだしね…)


また、最近は経済状況の悪化により
困窮する学生が増えてることが社会問題になってたりとか


観客を入れてやるのが難しいことも考えられるので
その場合、大会を運営する財源の問題もあるだろうし


とにかく問題が山積みだったので
それでもやれや、とは言えない状況で
やむを得ない決断かと思います



・既に通常のリーグ戦を中止して
トーナメントを行う、という連盟もありましたが
選手権が中止になったらそれも行われないかもしれない


大学野球は春で引退する選手も多いため
何らかの形で花道的な試合を
行ってほしいというのもあるし、


ますます野球継続を目指す選手にとってアピールのチャンスが減る状況になってきたわけですが、


東都リーグがプロ・社会人などのスカウトを集めてのトライアウトを計画してるように
各連盟でも是非そういう機会を作ることを検討していただきたいところですね



・そして学生の困窮が大問題になっているので
政府がもっと支援する必要があると思うし


(政府の先日発表した大学生の支援に対する予算はたった7億円だった。
いつ始まるかわからんGO to キャンペーンの予算が1.7兆で
多くの人が言葉を失ったはず)


様々な難題を乗り越えて
なんとか秋は行われてほしいと願う次第です。
とにかく残念です…


(文=天宮アイル)



・東都大学野球リーグが17日
リーグ戦の従来の形式での開催の中止を発表しました




※ ⬇︎の部分は17日に書いた分ですが後に追記あり


勝ち点制…最大3試合での形式を断念して六大学野球が検討している1試合制での開催や
それも難しい場合はトーナメントで
大学野球選手権行きのチームを決めることも検討するとのことです


※18日追記…18日の報道によると
6月後半〜7月にトーナメントをやる可能性が高い、とのこと

 

・入れ替え戦も通常の最大3試合の形式は中止するとのことです


(既にトーナメントでの開催を発表してる近畿学生リーグは今春、入れ替え戦を行わない。
1発勝負で入れ替えピンチってのも気の毒なので
仮にトーナメントになると入れ替え戦はないかもしれない)



・試合数が増えるとそれだけ諸々のリスクが増える&
日程調整も難しくなるので
試合数の減少は仕方ないところで、


今後、トーナメントにするとこも増えるかもしれないですね
6チームでトーナメントだと試合数が不公平になる問題点はあるのですが、
 

例えばリーグ戦の最中に選手の中から新型肺炎感染者が出たりすると
進行がストップする…という可能性も考えられるわけで
先が見えない状況の中では5試合で済むトーナメントを選択するのもやむを得ないと思いますね



・1929年の世界恐慌以降で
最悪の大不況に突入と言われるご時世なので
あらゆるものが平時通りにはやれないのはもう承知で、


少し前まではリーグ戦の代替でトーナメント、には違和感があったのですが
今はやれないよりよほど良いと思うようになってきました。
とにかく各連盟の試合がどんな形であれ開催されることを願っています‼︎


(文=天宮アイル)


・各地で野球中止や延期が相次いで
もはや追えないくらいになってるのですが
そんな中、大学と社会人の大きな大会にも動きがありまして


まず、6月予定だった大学野球選手権が
8月12〜20日に延期になりました

(球場も東京ドーム、神宮の併用から
神宮球場のみに変更)




大学野球各リーグの日程に延期が相次いでて
多くのリーグで予定されてる4月後半開幕も難しい状況になっていたため


中止にすることもなく各リーグの開催に
も時間的猶予が発生したことになります


(6月に間に合わせるようとすると
1発勝負のトーナメントで決めるしかないところが
多くなっていたと思われる)



・で、8月12〜20日というのは
夏の甲子園と被ってる日程なわけですね


(甲子園は8月10日〜25日の予定)


開催されれば、という話ではあるんですがドラフトファンとしては
どちらも見ないといけない。
どうやって都合をつけるか迷うことになりそうです


(関東住みなので神宮に行って高校野球は帰ってから録画で見る、という日が増えるかもしれない)



・そして夏に大阪で開催予定だった社会人野球日本選手権の
中止が発表されました


(4〜5月のJABA大会も全て中止)




ドラフト前の社会人メジャー大会が無くなる&
社会人は全国に辿り着くまでの予選が面白いんですよね
それを見れないというのが残念です



・都市対抗予選は絶対に見に行かないといけないな、と思ったら
今年は東京や神奈川の予選は8月中旬の予定なんですよね…




更に被るのかっていうね
夏は見たいものが多くて忙しくなるかもしれない。予定通り開催されることを願います‼︎


(文=天宮アイル)

・東京六大学野球のサイトで部員名簿が更新され
立教大学野球部の新入生が明らかになりました。
どんな選手がいるのか見て見ましょう


(背番号もらってる選手)

※3月末時点の情報、今後変更の可能性あり


投手
池田陽佑  智弁和歌山

捕手
畑敦己      浦和学院


・夏の甲子園で150キロ記録した右腕・池田投手がメンバー入り
背番号11ということにも大きな期待が伺えます


2年夏にスタメンで甲子園出場した浦和学院の左打ちの捕手
畑選手も背番号33でメンバーに記載されています


(甲子園出場選手)

投手 野口裕斗  東海大相模

内野 西川晋太郎   智弁和歌山

外野 安藤碧         明石商
        江藤那央      東筑


東海大相模で下級生から主力として活躍した左腕・野口投手が立教入り
相模から立教は久々ではないでしょうか


(以前立教入った選手を検索したら
逮捕されたニュースが出てきたので名前は出しません。知らんかった…)


智弁和歌山で甲子園5回の西川遊撃手
明石商で4番打ってた安藤外野手も
強豪でバリバリの主力だったため大きく期待される存在でしょう


東筑の江藤選手は2年センバツで
代打で出場していた。
その後の春の大会から4番に座り
3年時は3番を打っていて福岡大会では 準決勝まで進出しました


(4番を打っていた和久田選手が早稲田大学入りしている)



(その他、強豪レギュラーや
名が売れてた選手など)


投手
渡部太陽          春日部共栄
川口剛輝          東明館
石元悠太郎      佼成学園
又吉航遥          興南


佐賀・東明館の川口投手は
下級生から活躍していた186cm大型右腕
(昨年夏の東明館は優勝候補の一角だった)


春日部共栄・渡部投手は武蔵狭山ボーイズから有名で期待されていた身長187cm、体重87kgの大型左腕
2018世代なので一浪して入部ということになります


興南・又吉投手は宮城投手(オリックス)の控えだった左腕
優勝した3年春の県大会で活躍しました


佼成学園・石本投手はエースで捕手も兼任していた138キロ右腕


内野
岩本悠佑真         報徳学園
峯岸快                桜美林


外野
寺崎拓真               東明館
二角凛海               広島新庄
三田村篤              国学院久我山


東明館・寺崎外野手は下級生時は
センター、3年時は4番捕手
甲子園には届かなかったが優勝候補の一角だったチームでバリバリの主力だった選手(178cm 左打ち)


報徳・岩本内野手と広島新庄・二角外野手は強豪でスタメンだった選手
(岩本選手は主将、二角外野手は最後の夏は7番)
 

桜美林の峯岸内野手は二浪、国学院久我山・三田村選手は一浪で入部
3年時は共に主軸でした

(三田村選手は3番センターだった。
2018世代で甲子園出た昨年の世代ではない)



・甲子園組以外だと
佐賀の東明館から投打の主力が入部している。
共にサイズもあり今後注目の存在になるかもです

(東明館は偏差値60超えてる進学校)


名門大学だけあって浪人して入学した選手も何人もいますが
大型左腕の春日部共栄・渡部投手は素材的に魅力で
久我山で3番センターだった三田村選手は実績的に期待の選手


最後の夏の伸びが著しかった池田投手もさっそくメンバー入りで
リーグ戦が行われさえすれば見れる可能性が高いと思われる。
早く見たいです‼︎

 
(一体、いつ始められるかっていう
大きな問題はありますが…)


(文=天宮アイル)

4月6日に開幕予定だった
東都大学野球リーグの延期が発表されました




まだ正式に日程は発表されていないですが 
開幕は4月27日以降になるとのことです


(プロ野球の開幕日もまだ正式に決まってないから
それが決まらないと日程は出せなそう)


加盟してる大学のうち11の大学が現在練習試合をしていないとのことで
やむを得ないところでしょう



・ただ、6月に大学野球選手権があるため
1ヶ月ちょいくらいで全部やらないといけないということになる
 

東都は昨年から1日3試合やる日が増加して
日程はかなり緩和されていたんですよね


(反面、東都は試合時間がプロ並みに長いためなかなか終わらず
23時まで試合してる日もありましたが)



・かなり過密な日程になる&
6週間くらいで5カードやるということになると思いますが、


プロ併用日があること、六大学が順延したら優先権が六大学にあること


(プロ野球の日程がどうなるかまだわかりませんが
5月は当初の予定では5月12日〜17日5月22日〜5月28日
ヤクルトの試合が多く入っている。
この期間は神宮で一気に試合消化することはできない)


それを考えると従来通りの3試合制で
消化できるんやろうか、というのはありますね


(雨天順延もあるだろうしね…)



・開幕が更にずれ込んだ場合は他の球場での試合開催、および
勝率制かトーナメントでの順位決定も考慮するとのことです


ずれ込まなくても既にかなりきつそうなので
3試合での勝ち点制をやめて2試合制にして勝率にする、というのは
考えられる線かなと


(最大2試合だと
日程の進行はかなりスムーズになるので)


トーナメントは流石に最後の手段だと思うのですが…


見てる側は面白いけども
それで決まってしまうのはどうなんやろう、というのがある
5月過ぎても始まらなかったらそうするしかないんでしょうけどね



・とにかく、延期…


4月上旬のまだ寒い中
神宮で東都を見るのが春到来、という感じなんですけども
後半だともう流石に暖かくなってるやろうな


やることないんで日雇い労働します


(締めの文が思いつきませんでした…)


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 動画アップ中。Twitterもやってます)

↑このページのトップヘ