カテゴリ: 高校野球 監督情報

・愛媛県で公立の教員異動により
古豪・松山商(2001夏が最後の甲子園)に今治西で11回甲子園出場の
大野監督が異動することが発表されました


(松山商・重澤監督は今治北へ
今治西には丹原高校の仙波監督が異動
仙波監督は今治西時代はプロで活躍した藤井投手とバッテリーを組んでいた選手ですね)


大野監督は今治西〜筑波大
松山商は前監督の重澤監督も今治西出身だったので(川之江監督で2002甲子園ベスト4)
続けてOB以外の監督就任ということになります



・大野監督のときの今治西は
2006年、2007年以外は甲子園ではなかなか勝てなかったけど
とにかくコンスタントに甲子園に出ていた


2006年〜2015年の間
2013年以外は春か夏、甲子園に出場してました


(夏の甲子園)2006、2007、2011、2012、2015

(センバツ)2007、2008、2009、2010、2014、2015


※2015年に春夏連続出場、夏に初戦で早実とやったときが最後)



・改めて見るとよくこれだけ出れたよな…という感じですね
10年中9年ですからね
全国的にもこれだけコンスタントに出てたとこはそうないはず


(2006〜2015の期間だと大阪桐蔭や横浜、仙台育英、明徳ですら9年は出ていない。
智弁和歌山が今治西と同じで13年以外出ている)


智弁和歌山みたいに夏に続けて出てるわけじゃないのでわかりやすくはないのですが
凄いですよねこれは
それだけ谷間を作らなかったということでね


2006夏はスラッガー宇高選手(のち早大)、06〜07は投打で大活躍した熊代選手(現西武)と超高校級選手を擁していましたが
それ以降は突出した注目選手もいなかったと思うし


県大会に勝負強く勝つことを得意としていた、という印象で
スター級選手に依存して残した戦績ではない


(甲子園では2008年以降は2勝8敗だった。
逆に言えば戦力的に抜けてるわけではないときでも
県では勝ち続けていた、ということも言えると思う)



・ということもあり
松山商復活の期待が本格的に高まるのでは、ということですね


中部商、糸満で甲子園に出た上原監督が就任した沖縄水産も明らかに復活の兆しが出てきているし
公立にとって実績のある監督の就任は
何よりも大きい


松山商は2010年代前半
前任の重澤監督のときも就任して最初の頃は上昇傾向があり

2012年夏あたりは有力と言われていたけども
当時1年の安楽投手(済美、現楽天)に阻まれてしまった、ということがありました


(で、出たのは今治西だった。
この頃は県では異様な勝負強さでした)


有名監督が就任すると最初のうちは
上昇する傾向があると思う

(実績への期待、ネームバリュー、人脈で選手が集まるため)


再び上昇に転ずる可能性は大いにありそう。
松山商のここ3年に注目です‼︎


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中。Twitterもやってます)

2003センバツ・横浜ー平安 動画
村田捕手がスタメンで出場しています。投手は成瀬投手


・横浜高校の新監督に
現・白山高校(神奈川の公立)の村田監督が就任か、との報道がありました



就任か…というのは
現在(3月10日)はまだ白山高校在籍のため正式決定してるわけではないですが
複数のスポーツ紙が報じてることからして
おそらくその運びなんだと思われます



・昨年秋、平田監督が解任された後
なぜ正式に監督を置かないのか…と疑問だったんですが


(高山コーチが監督代行していた。
高山コーチは横浜高校・筒香世代)


その理由が判明した。
4月まで待つ必要があったということなんですね



・村田監督といえば
横浜高校で下級生時からスタメン捕手で
甲子園2回、2003センバツ準優勝と2004夏ベスト8のメンバーだったため
覚えてる人も多いはず


(涌井投手の学年のため
涌井とバッテリー…と言われることが多いが
下級生からスタメンで出てたので
成瀬投手ともバッテリーを組んでいる)


(3年時は主将
2004夏は当時1年の福田捕手…現・中日がスタメン捕手で出ることもあった)



※村田監督の経歴

川崎北シニア〜横浜高校
日本体育大学を卒業後、2009から霧が丘高校(神奈川)で野球部長〜2013秋から白山高校監督


2018夏は北神奈川大会8強入り。
敗れた準々決勝も横浜商大高相手に1ー2(サヨナラ負け)だった



・2018夏 白山高校、で検索すると
甲子園に出た三重の白山が出てくる。
偶然にも同じ年に神奈川の白山も旋風的な進撃してたということですね


公立を1から戦えるチームに育てた実績があり


(白山監督に就任したとき最初は部員が
4人だったという記事もあった。
本当に1からだったという事ですね…)


そのノウハウで横浜高校の人材を率いたら
どうなるのか。興味深いところです



・前任の平田監督のときは甲子園では3勝4敗だったけど(クジ運の悪さもあった)
人材は集まっていた


今年も度会選手、左右の2枚の投手と
即プロ狙えそうな素材がいるし
津田遊撃手のプロからの評価も高いみたいで
ドラフト指名が出る可能性はかなり高いと思われます


昨年秋は打線が沈黙して県で敗退しましたが
一冬超えてどう変わってるのか、


タレントは豊富なだけに気になる存在&新監督も決まりそう(おそらく)ということで
早く横浜の試合が見たいです‼︎


(※春の神奈川県大会は3月10日現在
3月下旬地区予選〜4月11日から5月5日までの予定ですが
変更があるかもしれない。まだ発表はなし)



(文=天宮アイル Twitter @peternation2001)

(YouTube ブルーオーシャンTVも定期的に動画アップ中です)

FullSizeRender
決してふざけてるわけじゃないです
検索したらこの方が出てくるんですよ…ペイッ!


・静岡の日大三島高校の監督に
元報徳学園監督、元日本代表監督の
永田氏が4月1日から就任することが正式に発表されました


元々昨年秋から4月に教師として赴任すると報じられていたので
既定路線といったところでしょうか


・日大三島は2010年代は
2017年夏の静岡決勝進出
(藤枝明誠に雨の中10ー23で敗退)


2014秋はソフトバンク入りした小澤投手を擁して東海準決勝まで進むなど
あと一歩のとこまで行ったこともありましたが
甲子園にまでは届きませんでした


(2019夏は藤枝北高校に県1回戦で敗退。秋も県大会出場を逃している)


89年夏以来甲子園から遠ざかってますが
つい最近まで県内上位に行っていたため
長期低迷してるわけじゃないし


有名監督が就任するとその後数年は
効果が出る傾向(有力選手が集まる)があるので
今後数年の間にまた甲子園チャンスが来る可能性が
高くなるかもしれない


・永田監督はU18監督としては結果を残せなかったですが
報徳学園時代は甲子園出場多数&
出れない年も毎年甲子園を狙えるチームを作っていたし


なんといっても有名大学に顔が利くのが
強みでしょう


(報徳での在任中に六大学の東大以外、関西学生の京大以外、東都では青学、中央など
相当数の有名大学に入部させた実績がある)


大学とのルートが強い…と言えば
大阪桐蔭が思い浮かびますが
同じように大学とのルートを構築することにより
卒業後の面倒見が良い→有望選手の獲得に繋げるという
手法を確立させていたわけですね


・もちろん高校が変わるから日大三島でも同じようになるかはわからないのですが、


地理的に静岡の中でも東部のため
神奈川に行くことが多い地元エリアの
有力選手が入る可能性も高まるかもしれないし


有名監督効果で県外の有力選手が入る可能性も考えられるかと。
今後の日大三島の動向に注目です‼︎


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中。出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)
※にほんブログ村に参加してます にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ