カテゴリ: 高校野球ニュース

・5月に山梨で開催される予定だった
高校野球・関東の中止が発表されました


既に東京や千葉で春の大会の中止が決定している&
今後も中止が増える可能性もあるし


山梨だと地理的に選手が宿泊する必要性も出てくると思われるため
仕方ないところですね…


(北関東からだと
甲府まで電車で4時間以上かかる距離)


(2年前秋に観戦に行ったのですが
4時台の始発に乗って球場着いたのは試合開始20分前くらいでした)



・現在、中止が決定してるのは…


※この記事は3月末に書いたもので
4月2日以降の中止は書いてないです(多くなりすぎてもはや追い切れない)


※地区大会…関東大会、東海大会、四国大会


30日追記  更に中止決定

中国大会


※都道府県大会


関東…東京大会、千葉大会

東海…静岡大会、岐阜大会、三重大会

四国…全部(香川は単独の大会を検討)

九州…福岡大会(※4月にある地区大会で九州大会行きの代表を決める予定)


※30日追記  上記に加え中止決定

関東…茨城大会、群馬大会

近畿…兵庫大会

中国…山口大会

4月2日追記

県大会…埼玉大会、広島大会、神奈川大会

地区…近畿大会



・となっていて
3月にやる予定だった地区大会は軒並み中止(愛知大会、神奈川大会など)


とにかく全国的に大概、延期になっています

(沖縄大会のみ無観客試合でやっている)


・貴重な公式戦なので
できることならやって欲しいというのはありますが、


地域差もありますからね(感染者の数とか)
人口密度の高いとこ地域はリスクも高いと思われる&元の試合数も多いしね
中止にするのが無難なのかな、と思いますね


とにかく、もう春は仕方ない。
夏に影響を残さぬよう終えてほしいところです‼︎


(文=天宮アイル)

・愛媛県で公立の教員異動により
古豪・松山商(2001夏が最後の甲子園)に今治西で11回甲子園出場の
大野監督が異動することが発表されました


(松山商・重澤監督は今治北へ
今治西には丹原高校の仙波監督が異動
仙波監督は今治西時代はプロで活躍した藤井投手とバッテリーを組んでいた選手ですね)


大野監督は今治西〜筑波大
松山商は前監督の重澤監督も今治西出身だったので(川之江監督で2002甲子園ベスト4)
続けてOB以外の監督就任ということになります



・大野監督のときの今治西は
2006年、2007年以外は甲子園ではなかなか勝てなかったけど
とにかくコンスタントに甲子園に出ていた


2006年〜2015年の間
2013年以外は春か夏、甲子園に出場してました


(夏の甲子園)2006、2007、2011、2012、2015

(センバツ)2007、2008、2009、2010、2014、2015


※2015年に春夏連続出場、夏に初戦で早実とやったときが最後)



・改めて見るとよくこれだけ出れたよな…という感じですね
10年中9年ですからね
全国的にもこれだけコンスタントに出てたとこはそうないはず


(2006〜2015の期間だと大阪桐蔭や横浜、仙台育英、明徳ですら9年は出ていない。
智弁和歌山が今治西と同じで13年以外出ている)


智弁和歌山みたいに夏に続けて出てるわけじゃないのでわかりやすくはないのですが
凄いですよねこれは
それだけ谷間を作らなかったということでね


2006夏はスラッガー宇高選手(のち早大)、06〜07は投打で大活躍した熊代選手(現西武)と超高校級選手を擁していましたが
それ以降は突出した注目選手もいなかったと思うし


県大会に勝負強く勝つことを得意としていた、という印象で
スター級選手に依存して残した戦績ではない


(甲子園では2008年以降は2勝8敗だった。
逆に言えば戦力的に抜けてるわけではないときでも
県では勝ち続けていた、ということも言えると思う)



・ということもあり
松山商復活の期待が本格的に高まるのでは、ということですね


中部商、糸満で甲子園に出た上原監督が就任した沖縄水産も明らかに復活の兆しが出てきているし
公立にとって実績のある監督の就任は
何よりも大きい


松山商は2010年代前半
前任の重澤監督のときも就任して最初の頃は上昇傾向があり

2012年夏あたりは有力と言われていたけども
当時1年の安楽投手(済美、現楽天)に阻まれてしまった、ということがありました


(で、出たのは今治西だった。
この頃は県では異様な勝負強さでした)


有名監督が就任すると最初のうちは
上昇する傾向があると思う

(実績への期待、ネームバリュー、人脈で選手が集まるため)


再び上昇に転ずる可能性は大いにありそう。
松山商のここ3年に注目です‼︎


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中。Twitterもやってます)

5月29日に岐阜で開幕が予定されていた
高校野球・東海大会が中止になることが
発表されました




先日、静岡大会の中止が発表されてて
そうなると東海もやれないのでは…と
思っていたところだったんですが


四国に続いての中止。やむを得ないですね
他の3県も代表決めるとこまでやれるかどうか
先行き不透明な部分もありますからね


(五輪延期になった途端、東京都知事が外出自粛要請したけども
東京以外もいつそうなるかわからん状況だしね)



・個人的に春
東海大会に行く予定だったんですよね…


開催が岐阜だと球場にアクセスがしやすいし
久々に名古屋で観光したいし
その後は京都に移動して近畿大会へ、というプランを立ててたんですが、


一部、チケットも買っていたんですよね
(1月に)
どうしよう、その頃だとキャンセル対応されるかどうかわからんしな  

 
まだ高校野球は中止でも大学野球を見るという選択肢もあるけども
仮にそれすらなかったら
下手すると旅行するだけになるかもしれないな…


政府が減税は渋ってるけど旅行代は助成するかも、というニュース見て


なんやねんそれは、このご時勢に旅行なんかしたくないわ
さっさと減税せんかいって思ってたけど
よく考えるとなんと、思い切り観光することになるかもしれない


チケット早めに買ってた時に限ってこれですよ
ホンマ引きが悪い。ゾッとしますねえ


・まあ練習できてない高校も多いと思うし
春の大会の中止が多くなるのも仕方ないですね


(沖縄大会は始まったしやれるならやってほしいけども)

 
プロ、高校、大学とか問わず
公式戦は一体いつ観れるんやろう、ホンマ…


(文=天宮アイル)

・東京大学野球部に
久々に甲子園経験者が入部するということが報道されました


静岡高校2018年世代の梅林浩大選手が
一浪の末に合格


(身長180cm 体重83kg 浜松市・中郡中学校出身
センバツでは出場はなかったが
背番号13でメンバー入りしていた)




(東大野球部に甲子園出場者が入るのは
2005センバツに出た高松高校・中村信博選手…現・NHKアナウンサー以来)



・梅林選手のいたときの静岡高校は
東海大会優勝してセンバツでも1勝している
(駒大苫小牧7ー0、東海大相模1ー8)


2017秋に出場した神宮大会では
明徳義塾戦で代打出場して
市川投手(現ヤクルト)と対戦した経験もあり


(この試合は球場で見てた。
静岡高校は伝統進学校ということもあり応援に来てるOBが多かった記憶があります)


レギュラーではなかったとはいえ
甲子園で勝利を挙げてるレベルの高校のメンバーで大型ということもあり
期待大の存在になると思われます


(※甲子園出場で東大野球部入りした選手だと2000年以降は
前述の高松の中村選手、松江北の楠井投手が思い浮かびますが
甲子園で1勝以上したチームの選手、となるともっと久々ということになる)


・静岡高校野球部は2019年にも
東大合格者を出していて野球部に入部しているので
2年連続で東大合格者を出す快挙を成し遂げたということになります


※2019合格 奥田隆成選手 プロフィール(東大野球部HP)



(東大野球部に在籍している奥田選手は
2017センバツではベンチ入りしてないが
東海大会優勝の2016秋はベンチ入りしていた)



・静岡高校は2010年代に7度も甲子園出場してて(昨年夏も出た)
全盛期にあるわけですが、


野球と並行して学業でも東大合格を連続で出すんだから
凄いとしか言いようがない。
静岡高校2人を神宮で早く見たいです‼︎


(※追記…前東大野球部監督・浜田氏のTwitterによると
福岡・東筑高校野球部で甲子園経験した選手も合格したとのこと。
野球部に入部すれば甲子園経験者が複数入部で大きく話題になりそうです)



(文=天宮アイル @peternation2001 )

(YouTube ブルーオーシャンTVも定期的に動画アップ中です)

2003センバツ・横浜ー平安 動画
村田捕手がスタメンで出場しています。投手は成瀬投手


・横浜高校の新監督に
現・白山高校(神奈川の公立)の村田監督が就任か、との報道がありました



就任か…というのは
現在(3月10日)はまだ白山高校在籍のため正式決定してるわけではないですが
複数のスポーツ紙が報じてることからして
おそらくその運びなんだと思われます



・昨年秋、平田監督が解任された後
なぜ正式に監督を置かないのか…と疑問だったんですが


(高山コーチが監督代行していた。
高山コーチは横浜高校・筒香世代)


その理由が判明した。
4月まで待つ必要があったということなんですね



・村田監督といえば
横浜高校で下級生時からスタメン捕手で
甲子園2回、2003センバツ準優勝と2004夏ベスト8のメンバーだったため
覚えてる人も多いはず


(涌井投手の学年のため
涌井とバッテリー…と言われることが多いが
下級生からスタメンで出てたので
成瀬投手ともバッテリーを組んでいる)


(3年時は主将
2004夏は当時1年の福田捕手…現・中日がスタメン捕手で出ることもあった)



※村田監督の経歴

川崎北シニア〜横浜高校
日本体育大学を卒業後、2009から霧が丘高校(神奈川)で野球部長〜2013秋から白山高校監督


2018夏は北神奈川大会8強入り。
敗れた準々決勝も横浜商大高相手に1ー2(サヨナラ負け)だった



・2018夏 白山高校、で検索すると
甲子園に出た三重の白山が出てくる。
偶然にも同じ年に神奈川の白山も旋風的な進撃してたということですね


公立を1から戦えるチームに育てた実績があり


(白山監督に就任したとき最初は部員が
4人だったという記事もあった。
本当に1からだったという事ですね…)


そのノウハウで横浜高校の人材を率いたら
どうなるのか。興味深いところです



・前任の平田監督のときは甲子園では3勝4敗だったけど(クジ運の悪さもあった)
人材は集まっていた


今年も度会選手、左右の2枚の投手と
即プロ狙えそうな素材がいるし
津田遊撃手のプロからの評価も高いみたいで
ドラフト指名が出る可能性はかなり高いと思われます


昨年秋は打線が沈黙して県で敗退しましたが
一冬超えてどう変わってるのか、


タレントは豊富なだけに気になる存在&新監督も決まりそう(おそらく)ということで
早く横浜の試合が見たいです‼︎


(※春の神奈川県大会は3月10日現在
3月下旬地区予選〜4月11日から5月5日までの予定ですが
変更があるかもしれない。まだ発表はなし)



(文=天宮アイル Twitter @peternation2001)

(YouTube ブルーオーシャンTVも定期的に動画アップ中です)

↑このページのトップヘ