IMG_1720
19神宮大会・準決勝時の画像


・おお、いかにも打ちそうや…


19秋の神宮大会で優勝した中京大中京の
攻守の要(3番ショート)である中山選手を
見た第一印象はこうでした


・打席で構えてる時の感じが
西武・森捕手みたいというか

(一昔前なら日ハム、巨人などの
小笠原選手)

とにかくムードのある
打撃フォームの選手なんですよね


・たまにあるんですよね
立ってるだけで
打ちそうな雰囲気、オーラを醸し出してる選手が

経験則上、その印象は必ずではないが
かなりの可能性でその通りであることが多いんですわ


・(2月追記)昨年秋の公式戦での
三振数はなんと「0」


0ですからね
それ以上はないわけで。
データ上コンタクト能力に長けていることがわかりやすい数字ですね


練習試合含めても
40試合で三振は3で四死球は26選んでいる


バットコントロール&打撃アプローチの
非凡さがデータに出ています


・強打者の雰囲気&ポジションも遊撃で
見た感じ、守備のフットワークも軽快だったし

身体的にも(180cm80Kg)
遊撃手としてはサイズもある…


ドラフトファンは基本的に
センターラインでサイズのある選手を好む
(偏見だけど、これは絶対そうやと思う)


あらゆる要素が揃っている
2020年必見の選手ですね〜!


※なかやま・らいと
 
身長  180cm  体重  80kg 右投げ左打ち

名古屋市・沢上中学校(東海ボーイズ)〜中京大中京

1年夏 背番号14でベンチ入り

1年秋 主に6番サードで出場(東海大会準決勝敗退)

2年夏 3番・遊撃で出場(準決勝 誉に敗退)

2年秋 3番・遊撃で愛知県大会、東海大会、神宮大会優勝


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中
出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)