・個人的にですね
春・夏の甲子園のときに
雑誌でデータを見るのが楽しみなんですよね

なぜかというと、残してる数字を見るとそれまで気付かなかったことに
気付くことがあるからでね


今年夏の雑誌を買って見たときに
これは…と思ったのが
旭川大高ー2020春から桐蔭横浜大の
右腕・能登投手でした


・夏の北北海道予選、29回投げて
四死球がたった2個だった
(奪三振は28)

圧倒的な四死球の少なさ&
183cmの長身&140キロ超えのスペックも備える

数字上、良い投手可能性が非常に高いとということが
現れていたわけなんです


・残念ながら1回戦の対戦相手が星稜で
0ー1で敗戦したのですが
能登投手はデータ通り好投し力を示した
(9奪三振1失点)


印象的だったのは初回、打ち気の打者に
3球続けて変化球(チェンジアップ?)を投げて三振を取った場面


緊張するであろう初甲子園の立ち上がりで捕手がああいう要求ができるということは
変化球の制球に相当信頼があるんだろうな…という感じで


総合力、完成度の高い投手だったということが
窺えるシーンだったと思うし
相手が違っていれば…というね
実に惜しい状況でしたよね


・大学は神奈川の桐蔭横浜大
過去3人プロを出していて3人とも投手

続く可能性があるのでは…という
期待大の投手
大学でも注目したいです‼︎


※のと・しゅうと

身長183cm 体重71kg

北海道旭川市出身
神居中学校(旭川大雪ボーイズ)〜旭川大高

2年夏、旭川大高は甲子園に出てるがベンチ外
秋からエース、2年秋は全道準々決勝で札幌一に敗戦(3ー5)


(文=天宮アイル)

(YouTube ブルーオーシャンTV 定期的に動画アップ中
出演者 天宮、加藤 Twitterもやってます)